2014年02月12日

[株式投資]逆日歩って怖いですね

僕は信用取引はしません。
理由は、借金を作ったら嫁に怒られるから。。。

とはいえ最近、株式投資の勉強として
信用取引についても少しだけ勉強してます。

良くネットの記事を見てると
「現物+信用売を組み合わせて株主優待をゲット!!」
みたいな話を聞いたりしますが、
逆日歩がネックで損をする場合が結構あるみたいです。

逆日歩とは、「信用売りした場合、1株当たり証券会社へ支払う金利」のことです。
(信用買いのときは反対で貰う金額。)

信用売りは証券会社が個人に株を貸すという行為になるため、
信用売りが大量に発生した場合、株が不足します。

株が不足した場合、証券会社は銀行、保険会社、機関投資家から株を調達するそうで、
その調達手数料を信用売りしてる人から「逆日歩」という形で払って貰うそうです。

今なんかは、スクウェアエニックス100株を信用売りすると
100株×1.65円 = 165円 が1日で支払う金額となります。

逆日歩は変動制で、需給バランスが大きく崩れると
とんでもない額になるそうです。

例えば、2012年1月に東京ドームの株主優待確定日には
逆日歩が1株6円になったそうです。

もし株主優待で60000株×200円=120万円分
買うと、巨人戦のチケット数枚、ラクーアの割引券など
いろいろ貰えます。(多分10万円くらい)

もし、現物+信用取引を60000株ずつしたとすると、
現物購入金額 120万円
信用取引金額 120万円
株主優待   10万円相当
逆日歩による支払い 6円×60000株 = -36万円

損失額は-26万円・・・何となく組み合わせて買うとメリットがあるんだな、
という感覚で買ったらとんでもないことになりますね。

やっぱ信用取引はやめてコツコツ稼ぎます・・・。

今日は以上です^^

ブログランキング参加中です。
まずは50以内をキープします!!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村




posted by りょー at 22:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本業は不動産屋ですが、サイドビジネスとして株投資と不良債権を購入して弁護士に回収してもらっています。
正直株よりも債権回収の方が儲かっています。
5年前に買った債券はどれも3年で元本が返って来て、それ以降2年以上はすべてが利益になっています。
弁護士の報酬は回収額の50%ですが、それを差し引いても3年で投資した元本はすべて返って来ました。
そして、その弁護士法人が投資家から集めた資金でファンドを組んで債権を買い取り、投資家に配当を出すファンドを2月から日本で初めて稼働させるので、弊社で投資の募集を募る事になりました。
1口2500万円からです。
弁護士法人は年利20%〜50%の配当をうたっていますが、弁護士の報酬が50%ではなく30%なので、
配当は年利30%以上である事は間違いないでしょう。
詳しくは弊社のホームページをご覧下さい。

http://www.sides.co.jp/topics/
Posted by sides at 2014年02月14日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388276380

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。